小石川弥生のブログ小説

ブログで小説 絵本を書いています。

ブログ小説 32話 「狭間」

f:id:z-zero:20200214224659j:plain

何時間も 山を登り やっと頂上へ......皆ヘトヘトになりながらも 登りきった達成感で 表情は満ち 眩しい程の笑顔で溢れています。
頂上は 山の麓から 吹き上がる風が とても心地よく流れていました。

「みんなー!おにぎり食べようか」
マリアの一声で 皆 大喜びで
「ヤッター!」
と、叫んで
竹の皮で包んだ おにぎりを出し 大きなお口を開けて パクパクと美味しそうに 食べ始めました。

皆 輪になって 楽しそうに おしゃべりしながら 食べる光景
セドにとっては 初めての経験
新鮮な驚きと......それ以上に 心が弾み
気がつくと セドも一緒になって 笑っていました。

楽しい時間は あっという間に過ぎてゆき 山を降りる時間に......
村の子供たちは はしゃぎ過ぎたせいか
帰りは 静かになり 女の子の方は マリアに おんぶされていました。

山道は 凸凹で 降りる時は 少々不安定だった......女の子をおんぶしてる マリアにとっては 尚 不安定で 足元がおぼつかない状態
次の瞬間
マリアの足に 木のつるが絡まり 体勢を崩して 転びそうに......
すると マリアの胸元に セドの腕が絡みあい マリアと女の子を 支えました。

マリアは フーッと息を吐くと
「ありがとう」
と、セドに
すると セドは マリアがおんぶしてた女の子の 両脇を手で掬い上げると
そのまま 抱き抱え 歩き始めました。

マリアは そんなセドに 優しく微笑み何も言わず 隣を歩いた。

村につく頃には 辺りは薄い 茜色に染まり 子供たちは 大きく手を振り 家へ帰りました。
それを見届け マリアはセドに
「ありがとう」
と、伝え 優しく笑いかけた。

セドは 感情の狭間で 戸惑いの表情を隠せず どう答えていいのか 分からず
何も答えなかった。

ブログ小説 31話「育む」

セドは マリアと 生活をするようになって 天界にはない 美味しい食べ物を知りました。
しかし、セドにはまだ マリアが天界に行きたがらない 理由が納得できません。

そんな、 ある日の事
村の子供たちが マリアの住む山へ 遊びに来ました。

子供たちは 畑で作業をする マリアとセドに 気がつくと 大きく手を振り
「マリアさーん!セド!」
と、嬉しそうに 走りだし
二人の所に 駆けてきました。

男の子二人に 女の子一人
三人は仲良しの兄妹でした。末っ子の女の子は マリアに
「ねぇ、マリアさん みんなで 山登りして 遊ぼう!」
マリアの 手を両手で握り 左右にユサユサと振りながら
目をキラキラと輝かせ マリアに おねだりをしました。

マリアは そんな女の子の 頭を優しく 手で撫でると
「よーし 皆で おにぎり作って 山登りしたら 食べようね!」
皆一斉に
「ヤッター!」
「わーい!」
「作る!」
と、嬉しさのあまり ピョンピョンと跳び跳ねて 喜びました。

セドも、おにぎりと聞いて 顔がほころび心の中で 子供たちのように
(食べたいです。)
と、思っていました。

早速、皆で楽しく おにぎりを握り
そのおにぎりを マリアは竹の皮に包み 竹の皮を細く裂いて 包んだおにぎりを縛り 輪っかを作って 一人一人に 渡しました。
子供たちは お互いの 顔を見合せると 満面の笑顔で 嬉しそうに 竹の皮で包んだおにぎりを 見ています。
それを見たセドは ソワソワと
「マリア 私のは?」
と、待ちきれない様子で訴え
マリアは
「はい はい」
と、子供をあやすように セドに竹の皮で包んだおにぎりを 渡しました。
それを 手に取ると 子供のように 喜び
「これは、私のですからね」
そう言って 村の子供たちに 自慢げに見せました。
子供たちは そんなセドの姿に
「セドなんか マリアさんの 子供もみたい。」
そう言って 笑いました。
セドは 恥ずかしさのあまり
「にんげん......」
と、言いかけ また、マリアに 言葉を被せられ セドの言葉は なかったかのように マリアは
「はい!じゃ おにぎり持って 山登りに出発だよー」
と言いました。
それを聞いた 子供たちは 片手を上げ
声を揃えて
「はーい!」
元気よく 答えた。

少々 納得いかないような セドでしたが 皆と一緒に行く山登りも......嬉しいのか 顔には 笑みがありました。

いよいよ 山登りへ......
男の子二人は 先頭を歩き マリアと女の子は 手を繋ぎ その後ろをセドが......

すると、女の子は セドの方を振り返ると 左手をセドに差し出し
「セド!手を繋いで 一緒に行こう」

差し出された左手を見て セドの心に一瞬何かが......
その何かに 戸惑うセドは マリアに視線を移す......と
マリアは 優しく微笑み セドの目を見て コクりとうなずきました。

セドの足は 自然と前に進み 出された左手を そっと握り 女の子を......見た
そこには なんとも言えない 優しい笑顔がありました。

この時まだ この感情が セドを変えていく事にセド自身も気づいていませんでした。

ブログ小説 30話「初めて」

セドは 毎日毎日 マリアや村の人たちを監察しました。
何故だか 毎日のように 村の人たちが 代わる代わる マリアの元に来ては 釣った魚や 握ったおにぎりを 持って来てはマリアと 何らか話をし 帰っていく......

セドには その行動が分からず 最初は
マリアに 村の人たちが 持って来た物は何なのか 尋ねていました。

マリアは セドに 分かりやすく 説明しましたが なかなか伝わりません。
何故なら ほとんど全ての物が 初めて見るものだったからです。

マリアは セドの目の前で 魚のウロコを取り 竹串に差し 囲炉裏で 焼いて見せました。
そして、焼けた魚を
「セド、これは こうして食べるのよ」
そう言って 竹串の両端を 片方づつ 手で持つと フーッ フーッと 息を吹き掛け 熱を取りながら 小さな口で カプリと 焼いた魚を 食べて見せた。
セドに もう一本の 焼けた魚を 渡し
「はい!美味しいですよ。」
優しく笑いかけました。

セドは 焼けた魚を 凝視し
(これは......食べるものなのか.....う〜ん)

不思議に 思いながらも 一口頬張る......
セドの顔は 目を一瞬で まんまるく見開くと 驚きが隠せずに
「マリア!これは......なんて 美味しい食べ物なんですか!す......凄すぎます。一体なんと言う 食べ物ですか?」

マリアは クスリと笑い
「これは、焼いた魚で 焼き魚ですよ。」

セドは 初めて 美味しい物を 食べたせいか 竹串に差した 焼き魚を ムシャムシャと 勢いよく食べて 魚の骨で 喉を詰まらせてしまいました。
マリアは またクスリと笑い
「セド、魚には骨と言うものがあるから こうやって 固いものが 口の中に入ったら 指で取って食べるのよ」

マリアは お手本を見せて あげました。
セドは
「なるほど この固いものは 骨と言うのですか......これは 食べると危険ですね」
感心しながら 食べていました。

次の日も
「マリア!これは なんと言う物ですか?」

「それは、お米を......」
また、次の日も
「マリア!これは 食べれますか?」
セドの 手に持っていた物を 見て マリアは 驚き
「それは 食べないです!」
と、言いきり
セドは、手に持ってた物を 畑に戻しました。
セドが 手に持っていたのは ミミズだったのです......。
そんなこんなで セドとマリアの 生活は慌ただしく 過ぎていきました。

絵本完成

f:id:z-zero:20200128162800j:plain

ようやく 絵本が完成しました(^-^)v
手作り 満載になってしまいましたが
とても 嬉しいです!

ちょっとした エピソードもあり(^^;
3部作品ある中の 2部作品に 題名がありません......手違いで......

でも、それも 面白いと 思ったので
2部作品は
「題名のない絵本」で 販売しようと思っています。
心温まる 絵本なので 読んだ方が 好きに題名をつけてくれたら それでいいかなって......思います。

ただ 絵本の数は 1作品 2点です。
合計6点です。
f:id:z-zero:20200128162706j:plain
f:id:z-zero:20200128162734j:plain

ブログ小説 29話 「理由」

セドは 神から 時をもらいましたが
マリアが頑固として 天界に行きたがらない 理由が分からず
何度か説得を試みるが......結局 首を縦には振らず
らちが明かず 仕方なく 強制的に 連れて行こうとしました。
その時
村の人たちが マリアの住む 山奥の外れまで 大慌てで 尋ねて来たのです。

マリアさん 何事かあったんかのう?村の子供らが マリアさんに 会いに行ったら 何者か分からん奴に 連れて行かれそうになっとる言うて 慌てて戻って来たから トラブルでも合ったんか 思うて
ワシらがとんで来たんじゃが......大丈夫け?」

村の人たちは マリアが心配で わざわざ 来てくれました。
そして、マリアとセドの間に入って マリアを守ってくれたのです。
そんな 優しい村の人たちに マリアは

「わざわざ ありがとうございます。
何も問題は ありません。
心配してくださり 感謝します。」

そう言って 優しく微笑み
その笑顔を見た 村の人たちは 少し安心しましたが セドの姿を見て 驚き

「おっ......お主は 誰じゃね?なんちゅう格好をしとるんやね......怪しいのぅ」

村の人たちが ざわつき セドをマリアから 離そうとした瞬間
セドは
「無礼な人間......」
と、言いかけた セドの言葉を 遮断するように マリアは

「この片は わざわざ遠方から 私に会いに来て くださった片です。暫く 私の手伝いを してくださる そうなので 皆さん どうぞ宜しくお願いします。」

村の人たちは
「なんや......そうやったんか ワシら勘違いしてしもうて 悪かったのう」
そう言って 申し訳なさそうに セドに頭を下げました。

ひょんな事から セドは マリアの手伝いをする事になりましたが
セド自身も マリアが何故 天界に行きたがらないのか......その理由が知りたく暫く 監察する事に......

ブログ小説 28話 「出会い」

セドの記憶とは......(回想)

まだ、セドが天界で神に仕えていた頃
セドは、神を崇拝し 神のお言葉は全てだと 神あっての自分だと この天界にいるまでは 疑問に思う事など ありませんでした。

よく神は
「セドよ!ここから見える 星に地球があるのが 分かるであろう......もうそろそろ 終わりにしようか......」
セドは、地球には 興味がなく
「神がなさろうとする事に 私は同意致します。」
こんな 話をしていました。
ある日、セドは神に呼ばれ 命を受ける事に
神のお心が決まり セドに

「ならば セドよ お前に命じる あの地球に住む マリアと言う人間を この天界に連れてき その後 地球を消滅させよ!それまで お前に時を与える!」

セドは 跪き深々と頭を下げ
「かしこまりました。」
神の命を受け 地球へ......

セドは マリアの住む 村の外れに降り立つ
初めて見る 景色に戸惑いながら 辺りを見渡すと......小屋がひっそりと建っていました。
気配を感じ 小屋の方へ 足を運ぶ
すると......小屋の中から

ここで初めて セドは目を奪われ 言葉を失い 我を忘れてしまった 瞬間でした。
小屋の中から 出てきたのは
艶やかな 長い黒髪を 簪でまとめ 透き通るような 白い肌 目は切れ長で とても美しい女性でした......
女性は セドの姿を見
「あなたは 神様の使いでしょうか?」
と、優しく微笑みかけ
その微笑みにも 心を奪われるセド
女性は もう一度
「どうなさいましたか?」
優しく問いかけ
セドは ようやく我に返り

「あなたは マリアなのですか?」
と、唐突に聞き
女性は 突然 名前を言われ 戸惑いながらも

「は......はい......」
と、答えました。
すると、また唐突に
「神が 天界でお待ちです。一緒に入らしてください。」
マリアは 丁重に
「あの......お断り致します。ごめんなさい。」
深く頭を下げました。
今度は、セドが驚き
「何故ですか?」
と、マリアに問いかけ マリアは
「いく理由がありません」
と、キッパリと答えたのです。
それにも、セドは驚きが隠せず
「神が あなたをお呼びなのですよ!」
声を大にして問う
少し困った マリアは
「何故 神様は 私をお呼びなのでしょうか?」
セドは 坦々とした口調で説明を始め

「それは、私には分かりませんが あなたを連れ天界にいき その後 地球を消滅させるよう 命を受けました。
私は それに従うまでです。」

マリアは 神様の言葉に かなりの衝撃を受けてしまい 言葉を失なってしまいました。

ブログ小説 27話 「無くしたもの」

100年前に戻った 二人が見た光景は無惨に変わり果てていました。

そして、次々と起こる出来事に ネリネは困惑の色が隠せません。
なぜなら マリアは眠ったまま ピクリとも動かず まるで死んでいるかのように......しかし 心臓は確かに 動いています。
もう一つは、セドが いきなり頭を抱え
倒れ込んでしまったからです。
この二つの 状況を目の当たりして ネリネは困惑し 言葉を失なってしまったのです。
ネリネは まずセドに
「セド!セド!大丈夫?どうしたの?」
呼び掛け セドの様子を伺うが セドにはネリネの声が 聞こえていません。

どれくらいの 時が流れたのでしょうか
突然、我に返ったかのように セドが立ち上がり 外へ飛び出し
天を見上げました......ネリネも 慌てて外へ......

すると......空から 眩いばかりの光が 現れ目を奪われた その瞬間
セドの目の前に
神々しく 立っている者が いました。

その者は......神
ネリネは その姿に 暫し釘付けとなり
立ち尽くしていました。
そんな中 セドは 神に問う
「マリアに 何をしたのですか?」

神は
「どうやら記憶が 戻ったようだな!ならば 分かるであろう......マリアは 天界に連れてゆき 天界で私と暮らす
それは お前も知っていたであろう...
何故、邪魔をすのだ!」

セドは
「神よ!あなた様は それをマリアが 望んでいると お思いでしょうか?」

神は、セドをあしらうように
「マリアの意思は 必要ない!この地球を消滅させ マリアだけ 天界へと連れて来なさいと お前に命じたであろう
何故果たさない!」

ネリネは この衝撃的な事実に ショックが隠せず 呆然と立っていました。

そして、セドの記憶が 戻った事に やっと気づいたのです。